アンダルシアのガストロノミー

スペインはフェニキア人、ギリシャ人、カルタゴ人、ローマ人、西ゴート族、および最も影響力を与えた、ムーア人により侵攻されました。 特にムーア人はAD711から特に南部に侵攻し、ほぼ800年以上滞在しました。

侵略者はスペインに中東とアフリカの料理を持ち込み、伝統的な調理法および日常のレシピに影響を与えました。それらのすべてに北アフリカの由来が簡単にわかります。aceite(油)、arroz(米)、almendras(アーモンド)とalmuerzo(昼食):これらの言葉の多くは、アラビア語起源を持っています。

新しい食材も持ちこまれました。ナス、レモン、オレンジ、サフラン、ザクロ、イチジク、シナモンやナツメグ等、現在ではスペイン料理に不可欠な食材です。

カトリック女王と王のイザベラとフェルディナンドは、1492年にグラナダを征服すると、ムーア人とムーア人のために働いたユダヤ人はスペインの最後のムーア王国から追い出されました。しかし、スペインのユダヤ人であるセファルディム(ヘブライ語でスペイン人を意味する)は、スペイン料理にはいくつかの証拠を残しました。例えば、ひよこ豆と肉のシチュー料理、cocidoは、ユダヤ人のadafina(安息日に料理する鍋)に由来します。

宗教的信念から豚肉と豚肉製品は消費しなかった人口も、この時期からスペイン料理に大切な材料として料理するようになりました。最も大切なのは、一般の人々がカトリック教徒に変換した証明書になりました。

探検家クリストファー・コロンブスによってスペインや他の地中海諸国の料理の歴史が変わりました。コロンブスは新世界からの最初のトマト、ピーマンとチョコレートを輸入しました。スペインはその後、世界中にトマトを持ち込み、地中海、中東、アフリカでも適応されることになりました。

タパスは、アンダルシアに由来します。TAPAという言葉は、蓋又は、英語でカバーを意味します。多くの物語の一つは、ハエがワイングラスに入らないように、ハムやチーズをのせたパンのスライスをふたにしてカバーすることで、タパスの習慣が始まったようです。

タパスはスペイン南部の生活の方法です。 ración(タパスの拡大版)は、十分な食事となりますが、、タパスはお酒のおつまみの感覚です。” 食べるときに飲む、飲む時に食べる、はスペイン人の思考で、タパスはまさにそのためにあるものです。

ごちそうはもちろん目のためだけではありません。アンダルシア料理はフルーティーなエキストラ・バージン・オリーブオイルの豊かな香りではじまり、官能的で複雑なフレーバーで整っています。シエラ・スベティカは世界でも最高級のエキストラ・バージン・オリーブオイルを生成してます。

新鮮な食材は、食材の可能性を最大限に引き出すレシピ―と調理方法に補完されています。それがどんぐりの木の家でお客様がエンジョイしていただく料理です。